チャイルドマインダーとして開業する(自宅/訪問)までの流れ

ここではチャイルドマインダーの開業や就職に関する情報をまとめています。

まずは開業までの流れについて整理しております。

働くにあたってどんな環境が必要でどんな準備をしなければならないのか、実際に1つ1つ確認していきましょう。

1.チャイルドマインダーとしての働き方の検討(在宅開業/訪問)

チャイルドマインダーは、保育士と違い働き方を自由に選択することができます。
つまり、施設しか働くことができないのではなく事業主になることができるのです。

自宅開業

チャイルドマインダーの資格を取得した方の大半は、自宅で保育ママを開業しています。

自宅で開業できる(つまり自営業)ことに加え、保育士と違って1人あたりの子どもを見る人数は少ないので負担も少ないでしょう。

訪問保育で開業

自宅開業が出来るといっても自宅を開放しなければならないので、スペースや環境を整えるのは難しいと感じる方も多いでしょう。

また自宅開業の前段階として仕事に慣れたい、そんな方には、訪問という仕事パターンもあります。依頼者の自宅に出向き、そこで保育をする訪問型です。

夢は自宅開業!自宅 or 別に部屋を借りる?

開業する場合、自宅か別に部屋を借りるかを選択することから始まります。

どこかを借りるとなると、毎月費用がかさみます。その点、自宅開業は場所を借りなくていいのですからその部分での費用は抑えられます。

しかし自宅そのままでは、開業はできません。安全面や衛生面など保育をする環境を整える必要があります。リフォームを必要とする場合もあります。

チャイルドマインダー開業前の自宅のリフォーム

自宅開業する場合は、リフォームが必要なことがほとんどです。

それは、子どもの命を預かる仕事だからです。子どもの命を預かるということで、安全面は注意しなければなりません。例えば、子どもが行動する範囲にとがったものがあると危険です。

他には、衛生面も注意しましょう。2~3人と言えども家族ではなく、他の家庭のお子さんを預かります。

集団で生活するうえで感染症はつきものですが、出来るだけ遠ざける必要があります。そのために、トイレの場所や手洗いが出来る場所などを確保しましょう。

これらのリフォームには、ある程度の費用がかかります。私もチャイルドマインダーの資格をもつ1人ですが、リフォーム費用などを考えまずは訪問先で保育しています。

お金をためて、自宅開業できる日を夢見ながら頑張っています。費用などが工面できる方、家族の理解がある方は、やはり自宅開業がオススメですね。

開業までの必須事項「損賠償保険加入」

自宅開業するにあたり、保険の加入は必須です。チャイルドマインダー向けの専用の保険があることをしっていますか?損害賠償保険と傷害保険の2つです。

資格講座を受けた学校から保険に加入することができることもありますので、一度確認してみましょう。

チャイルドマインダーは、子どもを預かる仕事です。子どもを預かるということは、子どもの命を預かるということです。子どもは、大人の考えをこえた予期せぬことをするものです。

ニュースで事件が取り上げられているのをみたことはありませんか?子どもを置き去りにして死なせてしまったとか、ケガをさせたとか・・・もちろんあってはならないことです。

大きな事件でなくても、保護者から訴えられるケースはあることです。何かがあった時、個人で開業していると自分を守ることが出来るのは自分自身しかありません。

そんな意味でも保険に入ることは、絶対に欠かせないことです。忘れないようにしてくださいね。

保育環境整備、保育に必要なアイテムの準備

 

安全を確認する必要があります。
・家具は転倒しないか
・危険な落下物はないか(画鋲などの小さなものもよく確認する)
・空調完備はできているか
・預かるだけの空間はあるか
・衛生面はどうか

環境の設定には労力が必要ですが、子どもを預かる上で最低限のことです。事足らず、整えるようにしてください。

各種届出

施設がそろえば、いよいよ開業です。しかし、届出をする必要があります。

・自治体への届け出
子供を預かる仕事に関して各地域の自治体への届け出が必須で、役所の様式に従って提出することです。

・開業届
開業して税金を収める税務署への届け出です。気持ちも引き締まります。開業後3ヶ月以内に提出が必要です。

さあ開業!広告宣伝と集客を検討

自宅開業にこぎつけても、利用者がいないと保育することができません。
集客しなければなりませんね。

・チラシ配り
・ポスティング
・知人の紹介
・ブログ
・ホームページ
・SNS
・facebook
・イベント開催

1人できないこともありますが、ネットの力を使えば1人でも簡単に集客できます。評価が上がれば、広告に力を注がなくても自然と集めってきます。最初が肝心です。

お客様との契約

保育を始める前に、しっかりとした契約が必要です。

料金体系を考え、契約書・同意書を作成しましょう。チャイルドマインダーの学校によってそれらのフォーマットをもらうこともできます。

重要なことを話すことでクレームを防ぎ、書類で結んでおくことで仕事範囲を明確にしていきます。

ここからはそれぞれに関して詳細を1ページ1ページで解説していきます。

ページの先頭へ