保育士として子どもと日々接しているけれど次のような悩みを持たれる方もいらっしゃいます。

自分のスキルが足りず子どもの成長発達を上手く援助したい‥
もっとスキルアップしたいけれど職場の研修を受ける以外にどうしたら良いか分からない‥
大好きな子どもと接する仕事に就けたのになんだか辛い‥

このような悩みを抱えながらお仕事されている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、保育士の転職先として人気のあるチャイルドマインダーを含め、保育士のスキルアップにおすすめの以下の資格ついてご紹介したいと思います。

保育士のスキルアップにおすすめの資格とその理由

保育士のスキルアップのために、次の資格取得をおすすめします。

・認定心理士
・幼稚園教諭
・チャイルドマインダー

各資格について、詳しく説明していきます。

認定心理士

「認定心理士」とは、大学等で心理学を学んだ人が申請することで取得出来る資格です。保育の専門学校で保育士資格を取得された方でも、幼児心理学を学んだのではないでしょうか。

でも内容はさっぱり覚えていないという方はぜひ、もう一度心理学を勉強してみましょう。子どもの発達段階と心理を学ぶことで、子どもの行動への理解が深まり、保育の援助がしやすくなります。

現代社会ではひとり親家庭や生活保護家庭など多様な家族環境があり、保育士にはそんな家庭を支援するための高いスキルが求められています。保育士の仕事は子どもを保育するだけでなく、保護者の子育て等の悩みや話を聞き、子どもを取り巻く家族も含めて支援することです。

その際に、こちらが発する言葉に気をつけることはもちろんのこと、相手が発した言葉や態度にも注意を払うことで隠れた問題を見つけることも出来ます。保護者が安定した状態で子育てに臨めることは、子どもが安心感を持って過ごせることにもつながります。

認定心理士は、幼児心理学以外にも家族心理学、発達心理学など、親子の支援に役立つ知識がたくさん学べるので、新たな視点で仕事に臨めるでしょう。

保育士資格しか持っていないという方は、取得すると転職の時のアピールポイントにも出来るのでおすすめです。仕事をしながらでも、通信制で学べる大学がたくさんあります。

幼稚園教諭

平成27年度から、認定こども園制度が本格的に始まりました。認定こども園で保育教諭として働くためには、幼稚園教諭の資格を取得しなくてはなりません。現在保育士として働いている方はご存知かと思いますが、認定こども園について簡単に説明します。

認定こども園は、未就学児に保育及び教育並びに総合的な子育て支援を行う施設で、平成18年に創設されました。幼稚園が保育所の機能を併せ持って時間外の保育を行ったり、または保育所が幼稚園の機能を併せ持って教育を行ったりと、両方の機能を持つのが認定こども園です。

認定こども園で働く職員は「保育教諭」として、保育士資格と幼稚園教諭の両方の資格を持つことが必須となっています。

平成27年度から5年間は特例制度が設けられており、保育士資格を有する方は幼稚園教諭免許を、幼稚園教諭免許を有する方は保育士資格を取得しやすいように、通常よりも少ない単位取得でこれらの資格を得ることが出来ます。

認定こども園で就職出来るというメリットがなくても、幼稚園教諭免許を取得するために学ぶ内容は、保育にも生かせることばかりです。学校によって単位数と講座名に違いがあるので、一例をご紹介します。

【日本福祉大学】
◎5科目8単位
・教職入門(2単位)
・教育制度論(2単位)
・保育課程論(1単位)
・保育内容と方法(2単位)
・幼児理解の理論と方法(1単位)
http://www.nfu.ne.jp/youho_tokurei/youchi/index.html

特例制度期間中では、他にも以下の学校で単位を取得出来ます。
文部科学省ホームページ

「幼稚園では教育、保育所では保育をする」という線引きはいまや無くなりつつあり、保育所でも教育を行っている所が増えてきました。教育者としての専門性を高めることは、保育士としての専門性を高めることでもあるのです。

幼稚園教諭免許も取得しておけば認定こども園で働けるので、仕事の幅が広がるというのも魅力ですね。

チャイルドマインダーで自宅開業

保育士の転職先としても人気のチャイルドマインダーですが、各チャイルドマインダー協会で講座を受けることが出来ます。

講座修了後に認定試験に合格すればチャイルドマインダーとして働くことが出来ますが、講座を受講するだけでもスキルアップになるのでおすすめです。

講座内容の一例をご紹介します。

・チャイルドマインディングとは
・幼児・小児の救急救護法
・子どもの病気
・日本の保育事情
・チャイルドマインダーの1日
・日本の伝統文化

保育士等の有資格者であれば、チャイルドマインダーの受講料が格段に安くなる場合があるので、受講する協会に問い合わせてみましょう。

すでに保育士として働く方は、子どもの遊びや応急処置など知っていることも多いと思いますが、再確認して知識を確かなものにしましょう。

日本の伝統文化や手作りおもちゃについても学べるので保育の場ですぐに役立てることが出来ますし、食育や現代の社会問題と保育について学ぶことで、新たな視点で保育に臨むことが出来ます。

チャイルドマインダーは少人数保育なので、保育士に比べて子ども一人ひとりと密接に関わることが出来るのですが、子どもの保護者とも密接に関わることが出来ます。そのため、講座では保護者とのコミュニケーションの取り方についても学びます。

安心して子育てが出来る社会にするために、子どもとの関りと同じくらい保護者への支援も大切です。

集団保育の現場で、子どもに我慢させてしまう度に心苦しい思いをしていた方や、心から子育て支援をしたい方にとって、チャイルドマインダーは理想の働き方と言えます。

また自宅開業や託児所の開業を目指すチャイルドマインダーが多く、所属協会の支援も受けながら自分が目指す保育を実現したい、という夢を追いかける方もいます。

以上、保育士のスキルアップにおすすめの資格をご紹介しました。