チャイルドマインダーにはいくつかの働き方があります。その中でも特に注目を浴びているのは在宅、自宅保育タイプです。

これからチャイルドマインダーの資格を取ろうとしている方、気になっている方に向けてチャイルドマインダーの働き方を紹介していきます。

在宅、自宅保育で働く(子供を招き入れる)働き方

子供と遊ぶチャイルドマインダー

子どもに関わる仕事といえば、保育士です。保育士は、保育所、託児所などに勤めることがほとんどです。チャイルドマインダーは、それとは違い働き方を選ぶことができます

チャイルドマインダーには、在宅、自宅保育として働くタイプがあります。自宅や保育ルームなどで子どもたちを預かることになります。出勤して働くというわけではないので、自分の思う時間に働くことができるというメリットがあります。

利用者にもメリットあり

自分の都合に合わせることができるというメリットもありますが、利用する人にもメリットがあります。

例えば、仕事が急に入ってしまった時など保育所だと頼んでも預かってもらえない場合がありますよね。しかし、在宅で働くチャイルドマインダーであれば、少人数で運営しているので都合を合わせやすく気兼ねなく頼むことができますよね。

自分の子供と一緒に保育

もし自分に子どもがいるのならば、一緒に見ることができます。子どもたち同士で触れ合うことで良い刺激にもなりますよね。在宅・自宅保育にはこのように働く側、利用する側どちらにもメリットがあります

自宅保育だと一緒に住んでる家族はどうなるの? 

自宅保育の場合、自分の家で働くことになります。自宅ということですから、一緒に家族が住んでいるということになりますよね。そして、自分の生活する空間もあるということです。

ですから在宅保育をする場合には、保育するスペース、生活するスペースまたは家族が過ごすスペースが必要になります。

単純に子どもたちにスペースを空けるということではなく、安全面も考えることが大切です。中には、自宅を大きくリフォームして保育していく人もいます。必要な設備や道具も出てくるでしょう。

また、家族の理解も必要です。子どもたちを預かるので、子供の声や活動に伴う音はつきものです。

必要なものを揃えたり、準備をしたりするのもサポートが必要になるでしょう。在宅、自宅保育を行う場合は、家族と相談することが大切です。

自宅保育に向いてる人とは(性格、資金、立地、目標等) 

チャイルドマインダーで在宅、自宅保育をする場合、どんな人が向いているのでしょうか?

1番多いのは、すでに保育士としての資格を持ち、経験もある人です。保育所は保育する子どもたちが多く、大変です。少人数を保育することができるチャイルドマインダーは人気があります。

また、資格がない人も目指す人が増えています。子どもが好きで、保育に興味のある人は向いていると言えるでしょう。主婦の方が目指している傾向にありますよ。

チャイルドマインダーとして開業するには、資金や立地なども考えなくてはなりません。自宅をリフォームする場合、資金が高額になります。また保育できる環境を整えるには、安全面や設備面も考える必要があります。既に購入済、ローン支払済の土地、家屋がある方は資金面では有利です。

立地やシステムによって収入も大きく変わりますので、事前の準備・調査も大切です。チャイルドマインダーで在宅、自宅保育する場合は、準備期間をしっかり取るようにしましょう。

自宅保育だから、自分がめざす保育で独立開業できる 

あなたがめざす保育はどのようなものでしょうか?保育に関わってきた人や保育に興味がある人なら現在の保育状況もご存知でしょう。

預かってもらうのが難しかったり、大人数で一人一人見ることができなかったり。保護者からの不満や働く側の不満など、現在の保育状況は良いものとは言えないかもしれません。

チャイルドマインダーの資格があれば、独立開業をし、自分がめざす保育を求めることができます。全ての人に同じものを提供することが求められがちですが、地域や保護者によって求めるものは違いますよね。

例えば、保育園では熱が少しでも出れば預かることができません。しかし、仕事をなかなか抜けれない人も多いでしょう。ですから、病児保育ができれば需要も高まります。また、土日などの休日、夜間保育など、人によって預かってほしい時間は違いますので、柔軟に対応できる保育も求められています。

大人数でなく、少人数を預かるので、一人一人の細やかな部分、変化などもしっかり見ることができます。自分がどのような保育をしていきたいか、その思いがはっきりしている方はチャイルドマインダーに向いていると言えます。

1人or仲間と複数人で仕事をすることが出来る

チャイルドマインダーは、1人で開業することもできますし、仲間と一緒に複数人で運営することもできます。

自分1人で

1人で開業する場合は、自分のめざす保育を求めることができます。預かる時間や働き方を選ぶことができ、独自の保育環境を提供することができます。

ただ、開業費用、設備、場所、利用する人などの確保は自分1人で全て行わなければなりません。家族のサポートや理解も必要になります。しかし、その努力したものが開業することで報われるのもメリットかもしれませんね。

仲間と仕事をする

仲間と複数人で運営していく場合もあります。複数人で保育をすることで、準備や運営も楽になるでしょう。保育に対するさまざま案が出やすいですね。交代制などにすることもできます。

複数人で運営していくということは、その環境を指揮する人も必要になります。また、さまざまな案が出るということは、意見が食い違う場合もありますね。

このようにどちらもメリット・デメリットがありますので自分に合った方法を選ぶことが大切です。チャイルドマインダーの働き方は、現在の保育環境で非常に需要の高いものです。今後はさらに注目されることが予想されます。興味がある人は資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?