在宅型も訪問型も、保護者の仕事などの都合で子どもを預かるので、預かる時間は各家庭でまちまちです。

活動内容は、大まかな流れはあるものの、個々のペースで保育していくことを心がけていますので、子ども一人ひとりによって下記の活動時間と内容に多少のずれがあります。また、毎日同じではなく、その日の子どもの体調、機嫌によっても活動の時間や内容が異なります。

在宅型チャイルドマインダーの1日の流れ

上記の通り、子どもによって登園時間と降園時間はそれぞれ異なりますが、在宅型の大まかな1日の流れの例は以下の通りです。

開園時間、閉園時間はチャイルドマインダー自身が設定出来ます

・7:30 開園

・8:30順次登園(保護者から書類を提出してもらう。子どもの様子を確認。)

・9:30朝の会、おやつ(水分補給が主な目的です。)

・10:00~主活動(遊んだり、制作したり、散歩したりします)

・11:00~12:00給食(年齢の低い子ほど早い時間に食べ始めます)

・12:00~14:50午睡(この時間内で、それぞれが1~2時間の睡眠をとります。睡眠の前後に排せつ、オムツ替えをします。起きた子は静かに自分の好きな遊びをして他の子が起きるのを待ちます。)

・15:00~15:30おやつ(軽食、水分を取ります)

・15:30~遊び、順次降園

・18:00補食

・19:00閉園

開園前に保育環境の整備を行う必要があるので、実際の勤務開始は開園1時間~30分前です。

保育環境の整備の内容としては、

・保育室の清掃、消毒・おもちゃや食器など保育用品の消毒
・湯冷ましの用意(月齢の低い子は水道水でなく、煮沸した湯冷ましを使う事がある為)

などがあります。

同様にすべての子どもが降園した後も、書類の整理、保育環境の整備、翌日の準備を行う為、降園後30分~1時間は仕事をします。

書類の整理とは、1日の記録や、保護者向けに書いた報告書や領収書を家庭ごとのファイルにまとめる事です。

保育環境の整備については登園前の内容と同じ物もありますが、

・使用した台拭きやエプロンの洗濯
・保育室の清掃消毒
・子どもと制作を行った場合、台紙に貼ったり名前を付けたりして、次回の利用時に保護者に渡せるよう準備します
・制作に使った用品の片づけ

などがあります。

訪問型チャイルドマインダーの1日の流れ

訪問型も在宅型と同じく、保護者によって利用時間が異なります。

開園時間、閉園時間の定まった在宅型と異なり、訪問する家庭によって仕事の開始時間と終了時間が異なります。下記では利用時間の異なる2つの家庭の例を挙げて紹介します。

①Aくんの場合

・8:20 Aくん宅訪問(保護者から書類を提出してもらう。子どもの様子を確認。)

・8:30~ 活動(近所の公園へお散歩、トイレトレーニング)

・10:00~10:20 おやつ(水分補給)

・10:20~11:20 活動(おままごと遊び、体操)、トイレトレーニング

・11:20 昼食

・12:30~14:50 午睡(保育者は書類作成)

・15:00~15:20 検温、トイレトレーニング、おやつ(軽食、水分補給)

・15:20~17:30 活動(ブロック遊び、テレビ)

・17:30 保護者帰宅(今日の様子の報告、書類の提出)

活動時間にはAくんの保護者の要望により、外気浴を行いました。その後、室内でおままごと遊びをしてから音楽に合わせて体操をしました。

食事では、Aくんは好き嫌いの出てきた時期なので、苦手な野菜も「1口ずつ頑張って食べさせたい」との保護者の意向をくみ、保育者がAくんを励ましながらも無理しないように食事の介助をしました。

②Bちゃんの場合

・13:40 Bちゃん宅訪問(保護者から書類を提出してもらう。子どもの様子の確認)

・13:40~15:30 Bちゃんの宿題をみる。その後、一緒にお絵かきをする。

・15:30~15:50 おやつ(軽食、水分補給)

・15:50~18:00 Bちゃんと一緒に本を読む。Bちゃんと保育者が交代で音読する。
        テレビ、おままごと遊び(保育者は書類作成)

・18:00 保護者帰宅(今日の様子の報告、書類の提出)

午後からのお預かりです。Bちゃんは小学1年生で、午睡はありません。未就学児に比べ、宿題をみたり、音読したりという、教育的な面が大きいです。

チャイルドマインダーの1日の流れまとめと注意点

細やかな書類が安心感に

在宅型も、訪問型も、その日の子どもの様子が保護者に分かるよう、こまかに書類を作成します。書く内容としては、
・何時に何をしたか
・食事は食べたか、量はどのくらいか
・排便の有無
・何をして過ごしたか
・体調の変化(鼻水、咳、熱など)の有無
・子どもがどのように活動に取り組んでいたか、その子らしさが分かる様子

子供は保護者に伝える事が出来ない

◎特に小さい子を預かる場合は、子どもが自分で保護者に伝える事が出来ない分、こまかに内容を伝えると保護者の安心感につながります。小さい子は睡眠中の突然死もあるため、呼吸のチェックも必要です。

命を預かるということ

◎在宅型では複数の子どもを同時に預かる為、怪我に充分注意します。複数の子どもを預かる時には、噛みつき、引っ掻き(小さい子に見られます)など思わぬ怪我もありますので、子どもの様子をよく観察します。体調の変化がないか、体を見たり熱を測ったり、こまめに確認する必要があります。

訪問型では1日2件あることも

◎訪問型では1日1件が主ですが、時には2件まわる事もあります。