チャイルドマインダーとして開業したとして、どれぐらい収入が見込めるのか気になる点かと思います。

在宅開業の場合、初期投資などに資金が必要ですからまずは在宅ではなく、訪問タイプで働き資金を貯めようと思われている方も多いでしょう。

でもどれくらいの収入なのかがわからないと、未来予想が立てづらいですよね。そんなチャイルドマインダーのお金にまつわることをまとめてみました。

開業した場合の売上収入

チャイルドマインダーの資格を取得し、開業する方が沢山いらっしゃいます。在宅開業するタイプと開業し訪問するタイプです。どのような収入が見込めるのでしょうか?

在宅開業タイプ

在宅で開業する場合の収入は、保育料がほとんどです。時間単位あるいは月極で設定します。

対象年齢にもよります(0~1歳児のほうが高い)が1時間1000~1500円くらいの保育料が平均額です。1日8時間ほど保育するとして、1日12000円です。

これは1人を8時間保育した時の収入ですので、複数を保育するとなると収入はさらにアップします。

1か月30日をフルで保育することはすくないでしょうから、25日前後と考えて1ヶ月の収入は30万以上になります。

または週5日で月極5万円のお子さんを4人預かれば月商20万円となります。

開業し訪問するタイプ

訪問するタイプも保育料は自由です。

1時間大体700~1500円程度+往復の交通費でしょうか。

この場合、1人を8時間程度保育したとして、6000~12000円程度の収入となります。
25日間訪問の保育があると考えても20~30万前後の収入となります。同時に複数人を見れないので自宅開業より収入は増えません。

タイプによって収入も支出も違いますから、あなたのライフスタイルにあう方法がいいですね。

収支の計算にかかる項目

収入としては保育料の金額そのままですが、開業することで様々な投資が必要になります。いくら保育料で稼いでも、その支出が大きければ意味がありませんよね。

在宅開業タイプ

「保育料などの売上-設備投資-光熱費-その他の出費=利益」
このような計算になるでしょう。

設備投資というのは初期投資で自室のリフォーム等です。およそ50万~100万を見ておく必要がありますが、まったくリフォームが必要ない方もいるかもしれません。

在宅開業(自宅を託児所に)ではなく、どこかのワンルームを借りて託児所にして開業する場合は、家賃がかかるので支出が厳しくなってきます。

ローンの払い終わった自宅があれば開業資金も少額で、また月々の支出も少なく運営しやすいのは大きなメリットですね。

開業し訪問するタイプ

「保育料などの売上-交通費-その他の出費=利益」
訪問のタイプは設備などの費用がかかりませんので、マイナスになる部分が少なくなります。代わりとして、訪問先を行き来する交通費が必要ですね。

その他の経費

広告宣伝費、保険料(保険料は利用料とは別で頂く事も検討)、オモチャや絵本購入、修繕費等

また、保育の面で季節の行事などを取り入れる場合には、その月の出費が多くなるでしょう。経営をしていく上でどのようなお金の流れにするかをよく把握しておくべきです。

しかし、売上のみを考えての保育は、あまり人気が出ない可能性があります。利用者の需要と売上を考えつつ、経営していく必要があります。

利益が出たら税金を払う、これも支出です‥(T_T)

フリーランサー(業務委託)の収入

どこかから仕事をいただく場合は業務委託契約を交わすでしょう。残念ながら、マージンを取られてしまいますので収入を全て自分の収入とすることはできませんが、責任などの面で軽減されますね。

やはり時給1000~1500円での支給が多いと思います。

チャイルドマインダーの資格を取得してすぐに自分で仕事を探すことが不安という方にはとてもオススメの仕事方法です。

責任面などの軽減があるうちにしっかりとチャイルドマインダーの仕事を覚えておくと、自分で開業する時に役に立つでしょう。

自宅開業などをする場合、初期投資が必要ですからその資金の貯金をする時期としてもいいでしょう。

職員雇用の場合の給料

キッズルーム

チャイルドマインダーは、保育園などで職員として働くことも可能です。その場合の収入面も考えておきましょう。

保育園で働く場合、保育士であれば厚生労働省の資料によると給料の平均は22万ということです。ここは、施設によっても地域によっても大きくことなり、実際はここまでもらっていないこともよくありますので一概にはいえません。

同じ施設でチャイルドマインダーが働く場合、残念ながら保育士の給料よりももらえることは少ないでしょう。国の資格か民間の資格かという点でも違いがあるようです。ベビーシッターなどで働く場合も1時間1000円前後の収入となるでしょう。

ただ、雇われる場合には初期投資や毎月の設備投資などの出費はないわけですから、給料がそのまま収入となります。

まずは、雇用で仕事をして資金をためるのもいい方法でしょう。子どもに接することで、チャイルドマインダーとしてのスキルもあがりますよ。

雇用形態によってメリットもデメリットもあります。どのような方法で働くかはあなた次第です。