チャイルドマインダーとして働く以前に、まずは施設の事を知っておきましょう。
施設に就職する方法もありますが、開業する方法もあります。その場合はどんな方法を取るべきなのでしょう。

いわゆる託児所、託児ルーム、託児施設とは

託児所とは、乳幼児を預かり保育する施設全般の事をさします。

  • デパートやイベント会場のキッズスペースなどの一時的に乳幼児を預かる施設
  • 保育園のような継続的に子どもを預かる施設
  • etc…
現時点の法律では託児所が「●●保育園」という名前で開業していても問題ない様子です。

ということは「●●託児所」や「●●保育園」「●●保育所」のような名称を使っていても実態は中を見てみないとわからない。

けど一般人から見て「●●保育園」という名称であれば、認可保育園なのかな、と思うでしょうし、中の人は保育士として資格を持って働いているという印象を持つ事でしょうから、その名称を使うか使わないかは難しい所かと思います。

今後チャイルドマインダーの名称が認知されてくる事を願って「チャイルドマインダーみらいえん」のような名称は個人的には好みです。

チャイルドマインダーの託児所は保育園や幼稚園などと違い取り立てて教育的なプログラムを求められることがないため、自分が目指す保育指針で運営します。

中には教育的に構築された保育内容を進めているところもありますし、ただ単に預かるだけの施設というところもあります。

認可保育施設の理解

国が定める条件をみたし、申請をして認可をもらうことのできた施設をいいます。児童福祉法に基づいた内容で、施設の広さや保育士数、設備などが認可の条件です。

様々な条件を全て満たすことのできた施設のみが認可を受けることができます。保護者が共働きや病気により家庭で保育できない子どもの保育が目的です。

特徴としては、まず保育料です。保育料は保護者の給料から算出されるので公立の保育園と同じ形態です。つまり前年度の給料により保育料が決定されるので、家庭によって保育料がちがうのです。

各家庭で保育料は違っても国からの補助が受けられるので、どの子も同じように保育というサービスを受けることが可能です。

ほかに保育時間が決められていますね。保護者の労働時間+通勤時間が子どもの保育時間になります。親の都合で保育時間を伸ばすことは、基本的にはできません。

最近では待機児童の問題もあって、認可の条件が緩和されつつあり小規模保育園や保育ママも対象となりました。

認可外保育施設

認可保育施設が国の認可した施設に対して、その認可を受けていないのが認可外の保育施設です。単に条件を満たしていないために認可を受けられない施設もありますが、あえて認可を申請していない施設もあります。

認可外の保育施設は入園することに対して条件がありません。施設が定めた1時間の保育料を支払うことが出来るのであれば、入園が可能です。

また、各園によって保育園では実施できない特色を持っていることが多いです。保育時間も保護者が自由に設定できますので、そのようなメリットで希望される方は多いです。

しかし、保育料が自由で施設に補助金がない分、どうしても保育料が高くなってしまう傾向にあります。保育にこだわった施設がある中で、国の条件を全く満たさずにただ子どもを預かるのみのところもあるのが現状です。

安全性さえ危うい施設も中には存在しているので、しっかり判断できる目で見極めなければなりません。

チャイルドマインダーの開業に必要な届け出

 

開業するためには、届出をする必要があります。お住まいの自治体の役所に「開業届」を提出しましょう。これが開業の第一歩になります。施設を整えて、事業主として頑張ってください。

託児所の届け出は自治体による違いはあるか

チャイルドマインダーの託児所開業の条件や届けに関して私が調べたところ自治体によって異なるように見えます。すべての自治体を調べられないので最終的にはチャイルドマインダーの方がどこで開業するか、お住いの自治体に問い合わせが必要です。

また保育に関係する法律は日々議論され新しくなっているので、最新情報を得るようにお願いします。