2013年に終了したTBS「ひみつのアラシちゃん」というバラエティ番組は記憶に新しいですよね。

人気アイドルグループ嵐の初レギュラー番組でした。第一回から第八回までは嵐のメンバーが、専門家や現地での取材を行いながら、いろいろな謎を解明していく「社会科ナゾ解明LIFE」が主な内容となっていました。

その後番組はリニューアルされ、嵐のメンバーが毎回育児やさまざまな分野に挑戦しました。

特に、メンバーが芸能人のお子さんを1日預かってお世話をする企画は人気がありましたね。

4週にわたって、新山千春さん、ジャガー横田さん、元パイレーツ・浅田好未さん、中条加奈子さんのお子さんたちをお世話しました。お子さんたちを預かるために、メンバー全員がチャイルドマインダーの資格を取得しました。

嵐が学んだチャイルドマインダーとは?

チャイルドマインダーの資格取得のために嵐のメンバーが受けたのは、チャイルドマインダージャパンの養成講座です。

メンバーはとても熱心に講習と実技に参加し、認定試験にも合格しました。

受講の様子はTBS木曜10時から放送されていた「ひみつのアラシちゃん」で放送されました。

実技の中には心臓マッサージなどもあったようです。受講や試験の様子は冒頭でざっと流れただけで、講座の詳しい内容までは放送されませんでしたが、メンバー全員ちゃんと試験にパスして認定証をもらえました。

女性に人気のチャイルドマインダー資格とは

嵐のメンバーも取得したチャイルドマインダーは、1977年に英国でチャイルドマインダー協会が設立されて生まれた資格です。

少人数保育の専門家を示す資格で、日本ではまだまだメジャーではありませんが、英国では国が技術、能力を保証する国家職業資格です。日本でチャイルドマインダーの資格を取得するには、チャイルドマインダーの養成講座を受講して、幼児保育、乳児保育、子供の発達、病気やケガ、応急処置、子供の食事、しつけ、遊びなどさまざまな分野を学びます。

実技講習では沐浴、離乳食、救護方法などを学ぶことになります。通学講座、通信講座、セミナーなどのタイプの中からいずれかを受講し、修了証をもらい、チャイルドマインダー検定試験を受けます。

資格を取得すると、0歳~12歳までの子供の保育を行うことができます。自宅で託児所を開業したり、依頼者の自宅で保育を行うことができます。自分のライフスタイルに合わせて働けるのが魅力の一つです。